リノール酸が多い食品|健康や美肌への効果や効能を紹介!

リノール酸って一体何なの?リノール酸を含む油や多い食品を教えて!

リノール酸とは油、正確には脂肪酸の一種で、食用油の中で多いのはコーン油や綿実油、食品の中で多いのは鶏肉や豚肉です。
最近では脂肪は体に悪いものの代表のように思われていますが、栄養学的には決してそうではありません。
リノール酸から体内での代謝によって作られる物質は、例えば細胞の膜の構成成分であったり、また細胞内での情報伝達の役割を果たしていたりと、ヒトの体にとって欠かすことのできないものであり、実際、リノール酸はヒトにとって絶対に食物から摂取しないといけない必須脂肪酸に分類されています。
ヒトは体内でリノール酸を別の物質から作り出す仕組みを持っていないために、もし仮に全く摂取しないとヒトは生きていけません。

 

ただ、最近の私たちの実際の食生活、食品においては脂肪が必要量よりも相当に多いことが多く、余分な脂肪が肥満を招いたり動脈硬化を起こしたりするために、控えるべきものの代表のように思われているだけなのです。
これは確かに事実であり、また過剰なリノール酸はアレルギーを引き起こす原因となる物質を作り出すために、アレルギーを起こしやすくなるともいわれています。
このような意味もあり、実際の食生活、摂取する食品においては控えるに越したことはありません。

 

 

リノール酸の効能と、肌への効果を教えて!

リノール酸には様々な効果・効能があり、肌にももちろん良い働きをします。主に植物油やナッツ類、ごまなどに多く含まれています。

 

リノール酸は体内では生成できない不飽和脂肪酸で、必須脂肪酸の一つです。
「脂肪酸」というと何だか悪そうなイメージを抱くかもしれませんが、不飽和脂肪酸は、身体にいい働きをしてくれるのです。

 

リノール酸には、血中コレステロール値を減らしてくれる効能があります。
コレステロール値が高いと、いわゆる「ドロドロ血」になりやすい状態なのです。
それを防ぐ効能を持っているため、動脈硬化や血栓をつくってしまうことを防ぐことができます。
そのため、生活習慣病が問題となっている現代人にとっては欠かせません。
さらにリノール酸は美肌効果もあります。
メラニンを作らせない作用があるので、シミへの効果が期待できます。そのため、美白効果も期待できるでしょう。
また、うるおいを保つ効果があるため、乾燥肌の人にはおすすめの成分です。副作用がほとんどないというのも高ポイントです。

 

ただし身体に良い成分ではありますが、とり過ぎには禁物です。過剰摂取は逆に体調を崩す原因になってしまいます。
しかし、身体には欠かせない成分なので、栄養管理をしっかりと行って、上手に付き合っていきましょう。

 

 

リノレン酸やオレイン酸との違いって何?

リノール酸、リノレン酸、オレイン酸というのはいずれも炭素数18個からなる不飽和脂肪酸の名前ですが、違いといえば炭素−炭素二重結合の数とその位置の違いにあります。
ちなみに不飽和脂肪酸というのは炭素−炭素二重結合が一つ以上ある脂肪酸を指します。
最近問題になることも多いトランス脂肪酸は全て不飽和脂肪酸ですが、リノール酸、リノレン酸、オレイン酸はいずれもトランス脂肪酸とは違い特に問題はありません。

 

リノール酸は18:2(n-6)と表されることもありますが、これは、炭素数が18個で、2箇所の二重結合があり、端から数えて6番目の炭素に一つ目の二重結合がある、ということを表しています。

 

効能としてはコレステロールを下げる効果が期待できます。
リノレン酸は18:3(n-3)と表されることもあり、同様に炭素数が18個で、3箇所の二重結合があり、端から数えて3番目の炭素に一つ目の二重結合があることを表しています。
リノレン酸は現代人に不足しがちな栄養素で、血液をサラサラにしたり、免疫力を高めてガン細胞を抑制する効果が期待できます。
最後にオレイン酸ですが、18:1(n-9)です。同じく、炭素数18個で1箇所の二重結合があり、その二重結合は端から数えて9番目にあります。
オレイン酸はオリーブ油に豊富に含まれていて、悪玉コレステロールの値を下げたり発ガンリスクを下げるのに効果的です。

 

 

最近話題のDHAってどんな効果があるのかご存知ですか?

 

実は記憶力や集中力を高めてくれるのですが、ある魚や食べ物に多く含まれていたのです!

 

適切な摂取量や最近話題のDHAとEPAのサプリメントとあわせて徹底的に解説してくれています。

 

もっと詳しく知りたいあなたには、以下のサイトがお勧めです。

 

参考サイト:DHAとはどんなもの